スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月  4(木) 後編  【 9名で大阪府警へ 】

 
 NPOとしての活動が終わって、中ノ島公会堂の1階のお店で、お茶と昼食。
 こんなのも良い交流会。
 孤立気味だった方も、他の方と繋がれたようだ。
 この場で被害者さんの相談や個人的な提案。
 被害者さんが大阪府警に同行して欲しいとの事で、他の方にも参加を求めてみる。

 お店の外で、各自連絡先交換や雑談。
 頃合いを見計らい、大阪府警へ。


 今回は9名で大阪府警へ。
 これはあくまで被害者有志での訪問。

 受付で手続きを済ませる。
 9名全員は相談室に入れないので、2名だけとの事。
 お願いしたら3名にしてもらえた。
 被害者さん達とロビーで待ってると、相談室の方が応対して下さるとの事で、3名で中へ。


 まずは自己紹介。
 お名前もお聞きする。

 被害者さんとの関係は、NPOテク犯大阪の集いがキッカケで知り合った事を説明。
 その流れでチラシを見せ、NPOの説明。
 相談室の方は、このチラシを去年見た事があるとの事。

 さらに被害者居住県のデータをお見せし、770名もの被害者が、東京のNPO法人で確認されている事を説明。
 「一般の方へ」のページをプリントアウトしたものをお渡しして読んで頂く。
 「脳への電磁的攻撃」禁止判決の記事もお渡しする。

 被害者さん達の具体的な被害一つ一つの話になるが、やはり相談室の方からは、常識的・現実的な回答しか出ず、証拠・法律がなければ、動きようがないと警察としての立場を強調される。
 細かい被害一つ一つの話から、どうしても医者の診断という流れになるので、キリがない。
 どうもこの方は、被害者さんが話してる途中で話始めるので、「相談を聞く」というよりは、「警察の立場」を主張するようにお見受けした。

 そこで、「これは人事ではない」事の説明にシフトする。
 講談社から出版された「33名の被害者報告集」の分厚い本を見せると、少し態度が変わる。
 さらに、毎日新聞の本の広告記事も見せる。

 これは日本中で起きている組織犯罪であり、アメリカなど世界中で、同様の手口による犯罪行為が行われていて、被害者だけの問題ではなく、相談室の方やご家族、日本人全体の問題でもあるという事を、強調し、説明した。
 NPOの会員被害者だけでも、数名の方が亡くなられている事も話す。

 捕鯨調査船が、シーシェパードに音響兵器を使って撃退したニュースもご存知ないとの事で、今は色んな科学技術を使った機器も実際にあるので、ネットなどで勉強して下さいとお願いした。

 この相談室の方は僕らの訴えを否定はされないとの事。
 ただ、大阪府警としては現状、2万人しか警官が居なく、色々な仕事があるので、被害者にずっと張り付く事は出来ないとの事。
 やはり法整備や、各自で証拠になる物をとり、通報できる事があればして頂くしかないとの回答。

 各警察署に、被害者が一人で訴えても、扱いが酷い場合があるのも話す。
 今回、相談した被害者さん達の地元の警察署に府警から、相談があった事を電話して頂けると約束頂いた。

 今日の相談記録を残して頂く事も約束頂いた。
 今回は9名だ。

 ロビーで待ってる被害者さん達に、簡単にご報告。
 府警に居た時間は1時間ほどだったか。

 夕方になり、有志の方々と別れる。



 あとは個別に被害者の方と用事。
 案内するはずが、目的の場所を見つけられず、被害者さんを無駄に歩かせてしまった。
 うろ覚えで大変申し訳ない結果になってしまい、ちゃんと調べてからまた案内する事でお許し頂く。
 自分の失敗にちょっとブルーな気分で地下鉄へ。


 帰りも外食。

 乗り換え駅で各停に乗り、1人座れるスペースが空いてたので座る。
 目をつむる。
 すると、左に座っていたおじさんが、鼻を断続的にすすり始める。
 しばらく一定の間隔で続けている。
 目を開けてそのおじさんの顔を見る。
 鼻に手をやってたが、こちらが目を開けると全く鼻をすすらなくなる。
 不思議。
 顔は普通のおじさんだが。
 とにかく隣で寝てる人間を見れば、何かをする習慣が付いている人間なのかも知れない。

 ここ最近の集団ストーカーのアンカリングは、「個人的鼻すすり事件」から、咳払いより鼻すすりに変えてる動きがある。

 駅前には集団ストーカー車両が数台お出迎えのようだ。
 アホくさいのでいちいち見に行かないが、ナンバーが見える場所から見ると、先日同じ場所に停まっていた、ナンバー69の黒い軽自動車だけは確認できた。


 自転車こいで帰る。
 シャワー浴びてビール。

 調べ物や雑用、メールなど。

 それが終わって日記書く。  今日書くこと多すぎ。

 11時半 バタンとドアの音。
 11:36 ヴヴヴィーーゥーーンと変な音で冷蔵庫を強制作動させてくる加害者。
 今日はこの時間のストーカー。

 日記書き終わる。
 24:26 になった。


 
    ← テクノロジー犯罪に法整備を!  

  人気ブログランキングへ   ← 組織的ストーカー被害者の救済を!  


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ

わたしも被害者ですが、活動に参加したいです。

わたしの場合は犯人装置も知っています

加害者グループと被害者の近辺徘徊するように言われてことわって抜けました。

その後の被害は今日まで続きます

そして装置は警察が所持しているのも事実です

法律をつくらないと警察も逃げるように話を聞かないです

ちなみにわたしの犯行グループは警察であり中身は宗教です
月別アーカイブ
プロフィール

たんぽぽの種

Author:たんぽぽの種
  リンクフリーです。

 団地の上階の住人の、陰湿な嫌がらせ+逆ギレから、ご近所トラブルになり、さらには信じられない大事件に発展し、生命の危機に直面しています。

 その日の被害を記録する日記です。
 あくまで日記です。 主観です。 

↑ の月間アーカイブ 2009/01 で
最初から見て頂くと、分かりやすいですが、簡単に説明します。

 目に見えない電磁波・超音波などを使ったハイテク機器で、毎日嫌がらせ及び睡眠妨害をされています。

 おーっと、待って下さい! 精神病ではないですよ。
 電磁波犯罪とか集団ストーカーで検索してみて下さい。

 壁や天井、電気製品をパンパン鳴らしてきます。
 体にも当ててきます。
 頭を振動させられます。
 心臓の鼓動を速く・大きくさせられます。
 性器をいたずらしてきます。

 信じられないと思います。
 しかし現代の先端技術を使えば、そう難しい事ではないようです。
 しかも本人にしか分からせないように、巧妙に嫌がらせをしてくるのです。

 睡眠妨害で生活を破壊され、生まれ育った所を追い出され、仕事も出来なくされました。
 どこへ引っ越しても憑いてきて、今も電磁波・超音波を当てられ続けています。

 誰がそんな暇なことすんねん、と思うでしょう。
 個人だけの力では到底できない芸当です。
 ハイテク機器を購入、または開発し、長期的に多くの人を動かせる、そうなると何らかの目的を持った組織・宗教団体、しか思い浮かびません。

 上階の野〇や花〇が、意思のある生活騒音で、嫌がらせをしていたのは確かですが、実際、ここまでやるか?と思いました。 
 組織・宗教団体とつながりがあったかは確認できていませんが、それら組織犯罪グループに依頼した可能性は高いです。

 また、こういったハイテク機器を使い、トラブルになるように仕向けられた可能性も出てきています。

 普通に暮らしている一般の方々には信じられない話です。
 僕も少し前までは普通に平和に暮らしていました。

 テレビなどでは、なぜかこういった組織・宗教団体の話は放送していません。
 逆に、組織犯罪側が、被害者を、「統合失調症に仕立て上げる」番組作りをして、この犯罪の事実を隠そうとしているようです。

 時間に余裕が出来た事で、色々調べる時間が取れ、これがどんな被害なのか、分かってきました。
 一般的にはまだ知られていないのですが、いま日本中で起こっている重大な問題です。

 同じ被害を訴える人が沢山います。
 リンク先も是非訪問してください。

 あなたの家族・友人に知らせて下さい。
 放っておけば、次のターゲットはあなたかもしれません!

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。